沼日記

沼の中から日常のアレコレを書いていくブログです

電子ドラムのすすめ【マンションでもOK】

f:id:numan0s0k0:20201114000126j:plain

 

家にいる時間が増えて、何か楽器やってみようかな~という方、多いのではないでしょうか。

 

今回はドラムを始めた方、始めようと思っている方に、電子ドラムのススメです。

 

メトロノーム機能があったり、音色も変えられますよ!

 

 

電子ドラムは独学・レッスンに通う、どちらにもおすすめです。

 

独学

YouTubeなどを見ながら真似て叩ける

 

レッスン

⇒レッスンでやったことの復習ができる

 

電子ドラムがあることで、思い立ったらすぐ練習できます。

 

 

でも、電子ドラムって場所取るんじゃないの?電子でもうるさかったりしない?って思いますよね。

私も実際に部屋で使うまではそう思っていたし、使い始めてからも思うことがありました。

その解決策と合わせて、おすすめを紹介していきます!

 

 

アコースティックにできるだけ近いものがいい!

 

最近は見た目がアコースティックドラム(生のドラム)に近いモデルが増えています。

 

Roland VAD306です。

他のアコースティックデザインの中でも省スペースモデルとのこと。

置き場所も値段もクリアできれば、かなりアコースティックに近い感覚で叩けますね!

 

 

 

置き場所がない…でもある程度の機能は欲しい!

 

場所を広々と取れるわけではないけど、安いだけじゃないモデルがいい!という方へ。

 

Roland TD-1DMKです。

 

 

 

 

足元がコンパクトなので置きやすいです。

叩く部分がメッシュになっているので、音も静かです。

 

 

とにかく省スペースでお安いものを…

 

置き場所がない!

叩く手順の確認程度に叩けたら充分だから、安いものがいいなぁ。という方へ。

 

Roland TD-1Kです。

 

 

 

狭い部屋でも置けるコンパクトさがあります。

ハイハットの叩き分けもできます。

 

 

 

でもやっぱり騒音や振動が心配… 

 

パッド部分がメッシュになっているものを選ぼう!

先ほどTD-1Kを紹介しましたが、パッドを叩く音もゼロではありません。

 

より騒音対策をする場合は、パッドがメッシュのものを選ぶとよいです。

または、パッド部分に100円ショップでも売っている丸椅子カバーをかぶせます。

パッドとカバーの間に小さいスポンジをいくつか入れるとさらに消音できます。

 

が、ドラムの音を聞きながらやりたいんじゃー!!

 

という方は、メッシュタイプを選びましょう!

 

"ノイズイーター"を使おう!

 

ローランドには別売りで、ノイズイーターという振動を軽減できるものがあります。

または、ドラムセットの下にマットを敷いて、さらに下にコルクマットなどを敷いてもよいです!

 

 

 

試奏しよう!

 

 

電子ドラムの種類は多く、先ほども挙げたような、

アコースティックドラムに近いモデルがいい!や、シンプルなモデルがいい!など、

目的に合わせて選びやすくなっています。

 

近所のお店に展示していない場合もありますし、一目ぼれでコレだ!と選ぶのもよいと思います。

可能な場合は、実際叩いてみるとこんな感触なんだ、音が出るんだというのを確かめるためにも、試奏することをおすすめします!

 

 

ドラムにハマっていくにつれて、もっとドラムセットをグレードアップしたい…と思う日がくるかもしれません。

 

 

さて、今回紹介したのはローランドのものでしたが、

他にも電子ドラムはたくさんあるので、検索してみたり試奏してみたりして

これでドラムやっていく!!!と思えるセットを見つけてください!