沼日記

沼の中から日常のアレコレを書いていくブログです

思った通りの結婚式じゃなくても結果良かったと思えた話

よくよく考えたら当初自分が思っていた結婚式ではなかったけど、

結果的に思っていた通りになって良かったなという話です。

矛盾しているように見えますね。

 

 

元々は結婚式自体をしたいと思っていませんでした。

人前でドレス着て、主役?っていう感じがもうやだ!誰かの結婚式に行くのは純粋にお祝いできるけど、自分にはこんないい結婚式できないわ!なんて思ってました。

やるとしても写真だけ撮れれば十分かなぁと。

 

そんな中姉の結婚式があり、親戚がほぼいないので、初めての身内の結婚式だったわけです。

開催側?に一歩近い立場で参加したことになります。その時はもう今の夫と一緒に住んでいて、親族側で参加してくれました。

招待人数があまり多くない式で、雰囲気もすごく良くて、少し結婚式に対する見方が変わりました。

というのも、親が喜んでるように見えたんです。実際喜んでいたと思います。

人前でドレスとかいいよ!って自分の気持ちで考えてしまっていたことが、親が喜ぶならそれでいいかって。

 

結婚式への考えが、やりたくない⇒ハワイとかで家族だけで⇒神社で和装で…と推移していきました。

 

そして姉の結婚式後に、結婚しようと言ってもらえたので、本格的に結婚式する方向で話が進んでいきました。

 

指輪も別にそんな…そんなでも…って思っていたけど、実際お店で目にするとキレイだしテンション上がると同時にこんな指輪試しにつけるのも緊張して手汗が止まりませんでした。

全く同じデザインではないけど、なんだかんだお揃いが嬉しいんだと気づきました笑

 

 

場所は、招待する人数が多い私の地元近くですることになりました。

式場は、遠方から夫の親族が来てくれるのでとにかく新幹線が止まる駅。

できればホテルと式場が同じ建物内にあること。

 

1件すごく好きな雰囲気の式場があったのですが、ホテルが併設されていないことと新幹線が止まらない駅だったので、その式場では写真だけ撮れたらいいなぁと思い別の式場に決まりました。

 

結果的に良い式場だからよかったけれど、決める時はもっと2人の中で練りに練ってから行くかしないとなと思いました。

「今決めてくれたらこれだけ安くなりますよ」とかね。ありました。

でもその金額が最終的な金額じゃなくて、人数に応じた食事とか諸々加算されていくんですよね…ゼクシィとか熟読していけばよかった。

 

衣装はウェディングドレスのみと決めていました。やっぱりどこかで人前でドレスやだ感が残っていたし、お金もかけたくなかったので。その分食事をグレードアップできますし。

ただ、お色直しタイムは必要だとどこかで見たんです。

ゲストがトイレ行ったりする時間だったり。なるほどーと思って髪型を少し変えて、ドレスのウエスト部分にリボンをつけるという、ちょっとだけ変えることにしました。

前撮りは式場ではなく別のスタジオでお願いしたんですけど、1番安いプラン内の着物にする気満々だったのに、その中の着物より別の着物が似合いますよと言われ、意思が強く持てなかったために少し金額がプラスになる着物になりました。

何が何でもプラン内で安くしたい!という方は、何を言われても意思を強く持って衣装を決めてください!私はだめでした!

自分がいいと思える衣装ならいいじゃないか!一緒の思い出として!と思うことにしました。その時の写真はウェルカムボードと一緒に置いてもらいました。

 

ゲストですが、家族だけの式でもいいかと思っていたけど、結婚式あったら絶対行く!って言ってくれている友達がいて、その子は絶対招待させてほしかったので、仕事関係の人は誰も招待せず、親族と友達のみでした。

友達すくねー!っていうのを実感した瞬間でした笑

 

ただ来てもらって、食べてもらって、ありがとう!って感じにしたくて余興もスピーチも受付もなしにしたかったんですが、そうはいかず。

余興はなしにできましたが、受付は式場のスタッフではできないとのことだったので、共通の友達にお願いしました。

乾杯のあいさつは私の伯父にお願いしました。

 

その他には、食事面で、お酒の種類と多くしたのとデザートビュッフェをお願いしました。

くじ引きのような感じで、プレゼント企画もお願いしました。

前に出てきてくださいスタイルだと遠慮してしまう人もいると思うので、いつの間にかくじ引きにしました。

 

あとはお礼について。

ホテルの宿泊代や交通費に関しては、双方の親が出し合ってくれてすごくありがたかったです。

その他に、受付をお願いする友達には希望があれば前泊してもらって、費用はこちらで出しました。親族以外に遠方の友達に関しては、交通費を少し出させてもらいました。

乾杯のあいさつをしてくれた伯父にはビール券を渡しました。

それと、親族と友達の受付・待合室が別だったので、親族のみの受付もありました。

夫の妹さんと、私の姉にそれぞれお願いしました。

親族・友達それぞれの受付をお願いした人にお礼を渡しました。

 

準備について

事務的なというか、招待する人の名前や住所をリスト化したり、招待状をセットしたり、リングピローを作ったりは私が主にやっていました。

夫はプロフィールムービーやウェルカムボードの作成など大変度が高いものをやってくれました。

喧嘩もかなりしました。ああでもないこうでもない。ワーワーワー。

結婚式前って本当にそんなに忙しいの?って思っている方。仕事をしながらだと、確実に忙しいです。特に2か月前くらいから。私は準備中は仕事を辞めていたので、1人で進められる作業は少しずつできていましたが、2人で決めないといけないことやプランナーさんや別の担当の方と連絡を取ったりすることもあったので忙しかったです。

 

後日…最初にいいなと思った式場へ問い合わせをして、フォトウェディングプランで写真撮ってもらえました。一生の思い出一体いくつあるんだという感じですが。

 

まとめ

やらなかったこと:お色直しで衣装を変えること(新郎新婦ともに)、ウェディングキス、ブーケトス、余興、二次会

 

前撮りをしたスタジオ

www.studio-aqua.jp

 

招待状作成やプチギフトを購入したサイト

www.piary.jp

 

内祝いを購入したサイト

uchiiwai.zexy.net