沼日記

沼の中から日常のアレコレを書いていくブログです

変なとこ神経質な人が猫を飼ったらこうなってる

早いもので猫を飼いだしてから半年以上経ちました。

 

普段はすごく適当なのに、時々顔を出す神経質さ。くずさ?で猫を飼うとこんな感じになるよと言うのを紹介します。

これから猫を飼いたい方、ちょっと神経質な人が周りにいる方など、少しでも参考になれば幸いです。

 

以前このような記事を書きました。 

 

www.numanosokosokosoko.com

 

改めて詳細な経緯を。

 

当時、「猫いつか飼いたいね~」とよく話していました。ペットショップに時々見に行って、抱っこさせてもらったり店員さんから話を聞いたりしていました。

すぐ飼わないのにすみません。

 

私はどちらかと言うと犬派。

犬を飼う場合散歩が必須なので、私の方が仕事から帰ってくるのが早いので私が主に散歩することになるのですが、平日19時ごろに帰ってきて30分~1時間散歩するのは大変なのでは?ということになり断念。

今思えば、当時から仕事は辞めるつもりでいたし、もっと近くの職場にすれば大丈夫だった気がしなくもない。

 

プラス、猫の方がお世話が比較的楽だとも聞いていました。

去勢/避妊の手術費用や、猫の方がトイレを覚えやすい等。なるほど。

 

旦那さんが野良猫と仲良くしたいくらいすごく猫好きだったこともあり、猫を飼う方向になりました。

しかし、主に猫がいるゾーンはまだ物の配置や、テレビ台がコードがむき出しになってしまうタイプのものだったので、片付けをして環境を整えてから迎えましょうと話し合い決めました。

ちょうど7月に私の退職も決まっていたので、その時に集中して片付けをして迎えられたらなという感じです。だからその日までは即決したくなっちゃうからペットショップに見に行くのもやめようね、とも約束していました。

 

ところがどっこい。

 

5月に姉夫婦が我が家に泊まりに来た時に、姉夫婦も猫買いたいなぁと話していたみたいで、ペットショップを見に行きたいということでみんなで行くことに。

私はあまりじっくり見ないようにしていました。だって7月までお預けだから!!!

夫は出会ってしまったようです。一目惚れらしいです。おっふ。

 

部屋の準備が整っていないこと、私がドラム教室の発表会が3週間後に迫っているため練習に集中したいこと等々伝えましたが、気付いたら翌週には契約のためにペットショップにいました。

そしてその翌週にはもう我が家へ。

 

当分はひとつの部屋の中だけにいてもらうこと、発表会については…結果的になんとかかんとか…でした。

年度末も過ぎて定時で帰れるようになったものの、来てすぐの平日はドキドキでした。

初めてのお留守番の時はウンチを粗相しちゃったりしてました。

 

 

それからしばらくして…

私の神経質?くず?な部分が顔を出してきます。

 

*カーテンやめて

…今リビングとその隣の部屋(猫用にしている部屋)のカーテンが、丈が足りなかったのでセミオーダーなのです。リビングは幅も足りませんでした。

天井が高いというわけではなく、天井にカーテンレールがあって窓が大きく見える感じです。

カーテンばっさぁーとやられてボロボロになったらまたセミオーダーしないといけないのか…このカーテン気に入ってるしなぁ…という思いがよぎったのです。

爪が引っかかって宙ぶらりんになったりして…とか。

まさかこんなに早く猫を飼うことになるとは思っていなかったので、がっつり気に入ったデザイン・素材のものを買ってしまったんですよ…

部屋が暗くなったり圧迫感がないよう、半透明のパネルを組み合わせて飛び越えられないくらいの高さにしてカーテンの前に置いています。

 

*壁やめて

…キャットタワーを設置するまでは、段ボール素材の爪とぎを置いていたんですが、壁の角にガリガリーっとやっちゃうことが多かったので、マスキングテープの上から100円ショップにあるインテリアシートを貼って保護しました。

貼ってから数か月経った今は、壁も経年劣化するし、人間も故意でなくても傷つけちゃうこともあるしカリカリしちゃいけないなと気づきました。

壁に新しい傷を見つけた時は、やってくれたなー!と思いますが、以前に比べて気にしなくなりました。

 

*毛やめて

…どんなに掃除機をかけても、何でここに毛があるんじゃー!があります。服とか靴下に付いた毛が洗濯の時に他の服へ旅をします。

そして夫がどうやら猫アレルギーのようです。なので今の部屋だけでなくリビングをうろうろし始めても寝室へは入れないようにしようと決めています。

私も猫アレルギーではありませんが、細かい毛が舞ったりするとくしゃみが出やすいので、こまめに(なまけもの比)掃除機をかけています。

触れ合ったらすぐコロコロ。それでも隣のリビングには掃除機から逃れた毛がそよそよしています。

なので洗濯物を干す時畳む時、あまりにも目立つ毛があるとそれを取りながらなので時間がかかるようになりました。時々、ん?その靴下で床拭いた?くらいに毛が付いていたりすると、事情を説明してコロコロを念入りにしてもらっています。

あぁ…めんどくさくてごめんよ。よくぞ付き合ってくれますな…

 

友達や親が来た時は、コロコロする?と一応聞いて、強制はしていません。

そのままリビングのラグに座っても大丈夫です。いずれ掃除機をかければ取れるだろーくらいの感じです。

 

服をしまっているケースの中が毛でまみれるのがきっと嫌なんだと思います。

外に着ていくものなので、服に毛がびっしりだと重めのアレルギーの人がいたら申し訳なくなっちゃうのです。

自分がたばこや強めの香水の匂いが苦手で、電車で近くにいたりすると頭が痛くなっちゃうこともあるので…気にしいなのです。

 

こんな飼い主でごめんよ。

 

ここで、肩に乗った時の動画を。スマホで撮って編集したので画質悪いですね

 


肩乗り猫がひたすら髪留めをガジガジする動画

 

爪切り嫌じゃなくなるといいなぁ。

お風呂基本的に入らなくても大丈夫みたいですが、1度チャレンジしてみたいです。

 

6月にワクチンを打ってもらいました。再診料も含めて約5,000円でした。ニャァァァァァァァンと鳴いてなんだか申し訳なくなりました。

 

8月に発情期を迎える前に去勢手術をしました。

予約をして、当日の朝ご飯はなし。血液検査をしてOKだったら病院の休憩時間中に手術。

全身麻酔で、検査費用等含めて約13,000円でした。

摘出したのをトレーに乗せて見せてくれて、「だいたいみなさん写真撮っていかれますよ~^^」とのことだったので撮らせてもらいました。まじまじと見ちゃいました。

一部トゥルットゥルになって帰ってきて、特に舐めすぎたりすることもなかったのでカラーはつけなくても大丈夫でした。

 

薬を3日分もらいまして。

ご飯に混ぜるか、口を開けさせて奥の方に入れてくださいねと。

できるのか…?

初回は、手術がんばったねー!も込めてちゅーるに混ぜてあげました。

でも毎回ちゅーるにするわけにはいかんということで、少し砕いてご飯に混ぜたものの上手いこと避ける。

これはやるしかない!と、顔をガシっとつかんで、口の奥の方へ入れました。

奥の方へが成功しないとペッペと出してしまうので、何度かやってやっと飲み込んでくれました。すまぬ…

 

去勢してからよく食べるようになった(気がする)のと、これまでクルゥゥゥゥンくらいしか鳴かなかったのに、がっつりニャアアアアアオと鳴くようになりました。

 

ご飯は病院でお試しで何種類かもらって、一番食いつきが良かったロイヤルカナンに決めました。

 

そんなこんなで現在に至ります。

また動画が撮れたらそっとアップします!